代表挨拶

日仏ビジネスにおける蓄積されたノウハウ、
スタッフの結束した能力がもたらすハイクオリティのサービス

アントワーヌ・ゴベール社長【左】、ローラン・ダンタン副社長【右】

1978年の創立以来、カデラス・マルタンは常に国際社会に向って視野が開かれ、そして企業としては、独立した立場であることに配慮してまいりました。

お客様に対して、よりよいサービスを提供することをモットーに、会計パートナーが、担当するミッションにおいて必ずお客様と直接コンタクトを取ること、業務指示の管理を一貫して行っていくことを基本としております。

創立者の理念を尊重しつつ、問題にあらゆる角度から対応する姿勢、能力を補填しあう国際ネットワークの展開等、バランスを保ちながら常に成長・発展を目指す向上心を忘れません。

公認会計業務、コンサルタント、監査業務、それぞれの内容が多様化している今日、監査法人としての倫理観の徹底が強化されています。カデラス・マルタン公認会計士事務所では、今まで以上に、クライアントの方々にご満足いただけるような会計サービスを行っていきたいと願っております。

Copyright ©Caderas Martin SA