業務内容

監査および法定監査

監査業務と法定監査業務は、一般会計とは異なるカデラス・マルタンの第二の顔です。

主に次のようなミッションがあります。

  • 法定監査人業務
  • 法定監査人を必要とするその他の法的サービス
  • 財務監査
  • 情報・手続システムの監査

作業クオリティの高さとその管理体制により、フランス国内外のクライアントの皆様と弊社のスタッフ双方にとって、実り多いミッションを展開していきます。

■ 法定監査人業務

  • 公的利益団体(上場企業、銀行、保険業、協会等)
  • 公共または民間企業

カデラス・マルタンはPCAOB(米国上場企業会計監視委員会)に2005年より登録されています。
30年以上に渡り様々な業種の連結決算の監査に携わった実績から、フランス国内基準または国際会計基準に沿って、グループ企業の連結決算を承認することが可能です。

■ 法定監査人を必要とするその他の法的サービス

  • 公的利益団体(上場企業、銀行、保険業、協会等)
  • 公共または民間企業

これらのミッションは、パートナーや企業評価などの専門知識・ノウハウに精通している監査人が担当します。

■ 財務監査

  • 特殊な仕様書に基づく財務監査やそれに伴う会計の契約承認
  • 特に企業合併や、外部への事業拡大の際の必要な手続に伴うデュー・デリジャンス

これらのミッションは、パートナーや企業評価などの専門知識・ノウハウに精通している監査人が担当します。

■ 情報・手続システムの監査

  • 情報管理システム、システム信頼性の監査
  • 企業の長所・短所・改善点等の指摘のための内部統制措置の監査
  • 作成した情報を承認するためのプロセス・テストの実施

以上の分野において、カデラス・マルタンでは、「サーベンス・オックスリー法」(US SOX)、「J-SOX法」、フランスにおける会計法といったそれぞれの法的規制に則って、財務情報をまとめていく際の監査を行うことが可能です。

Copyright ©Caderas Martin SA